浮気の証明

浮気は不法行為ですが、訴訟において配偶者を不法行為で訴える場合、ご自身に立証責任が生じます。

つまり、配偶者と浮気相手に不貞行為があったということをご自身で証明できなければならないのですが、浮気の場合は、きちんと浮気の現場の証拠を押さえなければ証明が出来ません。

よく浮気の線引きとして異性と二人きりで飲食をした、腕を組んだり手を繋いで歩いていた、ドライブをしていた、飲食店や路上でキスをした、などがありますが、実際のところこの程度では法的な証明とはなりません。
また頻繁に携帯電話で連絡をしていた、メールに浮気を匂わす内容が書かれていた、も同様です。 確かに殆どが浮気をしているものと誰もが感じますが法的な証明にはなりません。

やはりラブホテルを利用した事実を掴むのが一番の証明になります。または二人きりで旅行した、相手の家やシティホテルで外泊したというのも証明にはなりますが、 一度の確認では厳しい場合もあります。

それはどうしてでしょう。仮に相手の家に入った場合、本当に家の中で二人きりだったかという立証が取れるかという事です。 また人はそれぞれ生活や行動パターンなどが違うため、証拠収集はケースバイケースで行わねばならず、証拠収集自体はそんなに簡単ではありません。

浮気の証拠収集でお悩みの方は探偵や興信所、法的な問題は弁護士にご相談をお勧め致します。

弁護士であれば、法的にどのような証拠が必要かアドバイスできますし、探偵であれば、経験からご自身の状況に沿った調査ができるからです。

ご自身で解決のために動くことも重要ですが、やはり専門性の高い知識が必要な場面ではプロにまず相談してみることも大事です。 のちのちに取り返しのつかない状況になるのは避けなければなりません。

堅実な選択で後悔を招くことは少ないと考えられるのではないのでしょうか? 法廷の場に持ち込むのであれば、まずは証拠を押さえてからというのがセオリーです。

中途半端な知識からの判断はもっともリスキーであり、後の後悔に繋がる可能性が高いと言えるでしょう。 誰にとっても間違いない判断は「数多く存在しない」と言えるのです。 最近、多くのご依頼者に共通して感じることがありますが、「証拠を時間をかけずに取得したい」や「費用を節約して証拠取得」などの思いが強い人物が多いのです。 しかし、あまりにそういった考えが強すぎると、かえって重要な調査日やポイントを逃す危険性もあります。 節約よりも証拠が撮れる可能性を重視した方が結果的にうまくいくケースが多いと思います。

PAGE TOP